広告のリンクをクリックしたらブラウザーの設定が変更された

Ping送信をやってくれるサイトに行って、Ping送信を実行したところ、広告のリンクを表示するページが表示されたので、感謝の気持ちでクリックしてあげたら、何やら表示に時間がかかって怪しいので、ブラウザーを閉じようと試みました。しかし、「応答なし」の表示だったので、強制終了を行いました。

その後、ブラウザーを起動してみると、Googleの検索ボックスに大量の検索キーワードとして、サイト名らしきものが入っていました。それも全部、「site ~」という形式でした。ブラウザーの検索ボックスの中身は、ブラウザーを閉じると全部削除されるように設定されているので、そんな馬鹿なと思いながら、検索の履歴を削除しました。そして、検索ボックスのオプションを調べると、設定が変わっていて、検索の履歴がブラウザー終了後も残るようになっていました。そんな馬鹿な・・・。

やはり、よく知っているサイトでない限り、広告のリンクなんかクリックするものではない様ですね。わかってはいるのですが、ついやってしまうと、ろくなことはありません。知らない人のサイトなんて信用してはいけません。町では知らない人について行ってはいけません。インターネットでは知らない人のサイトにあるリンクをクリックしてはいけません。

【注意】 ブラウザーの設定が変更されたという件は、結局、誤報でした。詳細は、下の参考ページをお読み下さい。

参考ページ: 広告のリンクのクリックとブラウザーの設定の関係