パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました

今日パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しに行きました。DVD-RWがたまに認識不能になるという症状です。調べると、ピックアップは消耗品なので、使っていると、いつかは壊れるようですね。ずいぶん長い間酷使したプレーヤーなので、もう壊れて当然でしょう。修理に出したのは、DV-533と言う海外モデルですが、果たして直るものやら。

近所の海外家電店で8年前に買ったものですが、最初このお店に修理の相談をしたら、直らなくても5000円頂きますと言うことでした。そこで、パイオニアに相談したら、直るかどうかわからないが、直らなくても検査代として1050円をもらうということでした。5000円か1050円か考えたあげく、1050円の方にしました(笑)。

問題は、これを近所の大型家電店に持って行くか、パイオニアに直接持って行くかでしたが、ピックアップ交換の場合、その家電店では約1万円かかり、パイオニアのサービス・センター直接の場合は、8830円かかるということでした。家電店経由の場合は、それに家電店の手数料が加算されるということです。そこでまた考えたのですが、パイオニアに直接持って行くことにしました。

車で行ったら、近くのパイオニアのサービス・センターに40分で着きました。遠いですが、どうせ家電店に行っても、往復+相談で40分~50分はかかりますから、そうむだな時間とも思えません。

直接パイオニアに行って良かったのは、ファームウェアのアップデートを無料でやってもらえることでした。Region 1のプレーヤーなので、どうかと思ったのですが、係の人が問い合わせた結果、できると言うことでした。そこで、持っている他のパイオニア製DVDプレーヤーも一緒にファームウェアをアップデートしてもらうことにしました。まれに再生に不具合があって困っていたので、これで直れば、一石二鳥です。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延