アニメの危機/衆議院選挙では社民党か共産党に投票しよう

児童ポルノに対する規制強化のため、アニメ・漫画・ゲームといった日本の代表的な文化が危機にさらされているのはよく知られた事実です。明日の衆議院選挙で児童ポルノに対する規制強化に反対してくれる政党に票を入れたいのですが、どういう政党が反対してくれそうか調べてみました。

検索したところ、質問状を送って、返信された回答を掲載しているサイトを見つけました。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律改正に関する公開質問状

上記のページは、児童ポルノ法の改正案が出される前のものです。児童ポルノ法の改正案が提出された後、非難の嵐が吹き荒れましたから、その後、考えが変わった政党があるかもしれません。そこで、もっと最近の見解を知る必要があります。探してみたところ、各党の最も最近の政策は下記のブログにありました。

各党政策

これを見ると、どうも児童ポルノの規制強化に反対してくれることが確実なのは、社民党と共産党だけの様です。こうなると社民党か共産党に投票するしかありませんね。調べてみたところ、自分の選挙区では社民党の候補がいないので、共産党に投票することになります。

比例区をどうするかですが、比例区も共産党にしてもよいと思いましたが、社民党にもがんばってもらいたいので、比例区は社民党にしようと思います。児童ポルノ法の影響で、選挙の結果がどう動くか見物ですね。