ソニー製とNEC製のDVD-RWドライブで書き込み不良が大発生

今までパイオニア製のDVD-RWドライブで書き込んでいたDVD-RWをたまたま間違えてソニー製のDVD-RWドライブに入れて、書き込んでしまいました。すると、一発で書き込み不能になりました。ATAPIエラーによるものです。

症状は、ソニー製のドライブでは依然書き込みができるのですが、パイオニア製のDVD-RWドライブでは書き込みができなくなると言うものです。メディアはTDKの4倍速のDVD-RWです。

もちろん、前にも書いたように、TDKの4倍速のDVD-RWはどうも不良がよく発生しますから、それが原因かもしれません。しかし、ソニー製のDVD-RWドライブで使ったら、一発でディスクが死ぬというのは、やはりソニー製のDVD-RWドライブにも問題があるのではないでしょうか?私のところでは、同じ症状のディスクがたくさん出てきています。

ちなみに、DVD-Videoの場合、ソニー製のDVD-RWドライブで書き込んだディスクは、DVD-Videoの場合、たまにDVDプレーヤーで再生できないことがあります。また、再生中にひんぱんに停止するという症状も出ます。

ソニー製のDVD-RWドライブもNEC製のDVD-RWドライブも、どちらも同じ会社が設計し、生産していますから、ソニー製のドライブがだめだとなると、NEC製のDVD-RWドライブもだめだと言うことになります。ソニー製のDVDドライブやNEC製のDVDドライブをお持ちの方は、気をつけた方がいいと思います。ちなみに、私が使っているのは、スーパーマルチドライブという様々なフォーマットのDVDメディアに対応したものです。

問題があるのは、ソニーのDVDドライブか、それともTDKのDVD-RWか

TDKのDVD-RWが使っていると、消去や書き込みができなくなる問題が多発しています。TDKに問い合わせると、ソニー製やNEC製のDVDドライブなら、消去や書き込みが可能なので、不良品ではないと言います。

そこで、先日、ソニー製の外付けDVDドライブを買いました。やってみると、確かに、消去不可能に陥っていたTDKのDVD-RWが消去でき、書き込みできました。ここまでは前回書きました。

その後、さらに使っていると、一旦、ソニーのドライブでディスクが消去できたものの、二度とパイオニアのドライブでは消去できないことがわかりました。いちいち、ソニーのDVDドライブで消す羽目になりそうです。

しかし、それだけでなく、中にはソニーのDVDドライブで消去したはずなのに、パイオニアのドライブでは書き込み不可能で、トレーが出て、排出されてしまうディスクが出てきました。ただ、全部ではなく、今のところ一枚だけです。このディスクを別の書き込みソフトで書き込むと、うまく書き込めました。何か怪しいですね。

また、これも一枚だけですが、ソニー製のDVDドライブで消去した後、パイオニアのドライブで書き込みを行い、その後、別のファイルを書き込もうとして、パイオニアのドライブに入れると、中身が入っているのに、中身が空で消去の必要がない様な画面になりました。「中身が入っているはずなのに、空であるとはおかしい」と思い、ソニー製のDVDドライブで確認すると、中身が入っていました。パソコンを再起動して、パイオニア製のドライブに入れ直すと、中身が入っていると認識されましたが、何かおかしいですね。

TDKのDVD-RWがおかしいのは、たぶん間違いがないと私は思っているのですが、ソニー製のDVDドライブも相当におかしいのではないかと疑っています。これから、ソニー製のドライブを買う人は、注意した方がいいでしょう。

関連ページ:
外付けDVDドライブを買いました (星のきらめく夜に)

外付けDVDドライブを買いました

外付けDVDドライブを購入しました。昨日イートレンドというオンラインの通販店で注文したのですが、今日届きました。早いですね。I-O DATADVR-UN20GLと言う機種で、7,712円で買えました。送料は無料です。

何でこれを買ったかというと、DVD-RWを消去するためです。実は、パイオニア松下の内蔵DVDドライブを使っているのですが、TDK4倍速の超硬のDVD-RWに書き込みを行っていると、すぐにATAPIエラーで消去不能になるのです。消去不能が多いのですが、書き込んでいる最中に書き込み不能になる場合もあります。これで死んだディスクがかなりの数になって困っていたのですが、「ソニー製やNEC製のドライブなら消去できる」とTDKが言うので、ソニーNECオプティアーク(現、ソニーオプティアーク)製ドライブが付いているというこのI-O DATAのDVDドライブを買ってみました。

早速接続して実験しましたが、確かに消去できずに死んでいたディスクがすぐに消去できました。これでディスクを無駄にせずに済みます。

何も知らなければ、パイオニアと松下のドライブを捨てて、ソニーNECオプティアーク製のドライブに切り替えるところですが、実はそうもいきません。と言うのも、ソニーNECオプティアーク製のDVDドライブは、ディスクに傷がつくのがわかっているからです。私はこれで何十枚、何百枚という貴重な市販のDVDビデオのディスク(要するに、映画やアニメのディスク)を失ってしまいました。損害額は何百万円にもなるのではないかと思います。

そう言うわけで、ソニーNECオプティアーク製のDVDドライブは、ディスクがATAPIエラーで死んだときの消去用だけに使う予定です。読み込みや書き込みは、従来通り、基本的にパイオニア製のDVDドライブや松下製のDVDドライブで行うつもりです。ちなみに、パイオニア製のドライブはデスクトップパソコン用のドライブで、松下製のドライブはIBMのノートパソコン用です。

それにしても、TDKのDVD-RWはゴミですね。

トレンドマイクロのオンライン・ウィルス・スキャンでブラウザーが起動不能に

ウイルスバスターという定番のウィルス対策ソフトで有名なトレンドマイクロでオンラインのウィルス・スキャンを実行してみました。

やってみると、ウィルスが二つも発見され、あわてました。しかし、よく見ると、二つとも自分で保存したプログラムで、ウィルスではありません。ウィルス情報を調べると、2008年8月に発見されたものであることがわかりました。しかも、「被害はない」と記載されています。当たり前ですが・・・。

自分で保存した被害のない「ウィルス」を削除するとは、困りものですが、バックアップがあったし、ダウンロード先から再度ダウンロードできたので、この問題は何とかなりました。

しかし、問題はこの後です。ブラウザーを起動しようとしたら、起動しない。何度やってもエラーが出て、起動の途中で止まってしまいます。ブラウザーは、使いやすさで定評のあるNetscape 7.0を使用しているのですが、どうして起動しなくなってしまったのでしょうか?

このトレンドマイクロ(ウイルスバスター)のオンライン・ウイルス・スキャンを実行する際に、Javaの最新版をインストールしたのですが、これが原因かもしれません。早速、システムのバックアップから復元しました。一部のメールは失われてしまいましたが、まあ、死ぬほどの被害にはならず、不幸中の幸いでした。

やはり、ウイルス・スキャンを実行する場合や、新しいソフトをインストールしたり、バージョンアップする場合は、あらかじめシステムやデーターをバックアップしておくべきですね。AdobeのFlash Playerをバージョンアップしたら、ブラウザーが動作しなくなったと言う話も聞きます。ともかく、Javaとトレンドマイクロ(ウイルスバスター)のオンライン・ウイルス・スキャンにはくれぐれもご注意下さい。相手をあまり信用しすぎないことが大切ですね。