固形石けんか液体石けんか

固形石けんがいいか、液体石けんがいいかですが、まあ、どちらでもいいような気がしますが、個人的には固形石けんですね。

液体石けんを使わない最大の理由は、成分が怪しいからです。何か健康に悪い成分が含まれているのではないかという思いが強いです。ただ、詳しく調べたことがないので、知りません。

石けんが液体というのは、非常に変な感じがします。本来、石けんというのは固形ですよね。液体になっていると言うことは、本当は石けんではないのではないかと思います。普通の石けんなら毒性が極めて弱いので、魚の泳いでいる水槽に少しぐらい入れても、魚が死ぬことはありません。液体だとどうでしょうか?すぐに死んだらシャンプー並の毒性ですね。

固形の石けんを使うにしても、添加物が気になります。だから、私は必ず無添加の石けんを使います。最近は、無添加の石けんがいろいろ出ていて、安くてよいものが手に入りますね。

知り合いで、数千円もする無添加石けんで髪を洗っている人がいますが、ここまでやるのはちょっとどうかと思います。石けんで髪を洗うのはよいとしても、石けんが高すぎますよね。最近は湯洗髪もはやっているので、石けんすら使わない健康的な生活を送っている人も多いのではないかと思います。

要するに、別に石けんもいらないということです。

今日のお勧め

今日2回目ですが、飽きずにまたお勧めします。下に掲げるページは、児童ポルノ関連の情報を載せているページです。本当に参考になるよいページなので、特にお勧めします。

今日のお勧めページ:
児童ポルノは有害か
子供には漫画などの2次元の児童ポルノが必要
漫画などの2次元児童ポルノの子供への影響
学校でのポルノ視聴・閲覧の指導
児童ポルノ規制による性犯罪の増加 (統計資料)

カフェイン中毒/中毒症状から抜け出るまでの期間

世間では、酒井法子の覚醒剤所持・使用容疑が話題になっているようですが、私はどうもカフェイン中毒みたいです。カフェインも覚醒剤の一種ですが、合法なのは朗報でした。

コーヒーとかお茶、コーラといったカフェインを含有する飲料を毎日1リットルから2リットルぐらいのむので、かなりの量のカフェインの摂取量になります。幸いにも、カフェインを摂取するのは仕事中だけで、休日など、仕事のないときは、普通、水しか飲みませんので、あまり問題はありません。

しかし、酒井法子の件で、気になって調べてみると、カフェイン中毒の人は、カフェインの摂取をやめると、頭痛がしたり、気分が悪くなるそうです。実際、お盆休みに入って、三日間は頭痛がして、気分も悪く、非常に不快でした。もう、あたまがじ~んとか、ずき~んと痛いんです。すっかり参ってしまいました。

こういうことは以前もあったのですが、これが実はカフェイン中毒だったのです。これからは気をつけないといけません。別にこれと言って、身体的な害はないのですが、飲み過ぎて、後で頭が痛いというのは、頭脳活動とかの能率が下がりますからね。それにせっかくの休日が台無しです。

カフェイン中毒から抜けるには、一般に最大で数日ぐらいかかる様です。私の場合、約三日ですから、約72時間の様です。これはカフェインの分解能力に個人差があるため、一概には言えない様です。また、やめる前にどれぐらいカフェインを取っていたかも関係するようです。たくさん取っていれば、抜けるまでに時間がかかり、少量ならば、早く中毒症状から抜ける様です。

それにしても、カフェインというと、一般にコーヒーを思い浮かべますが、緑茶にもしっかりカフェインが含まれています。実際、緑茶を飲むと、かなり精神的に効きますね。コーヒー以上だと思います。また、たくさん緑茶を飲むと、夜、眠れなくなります。

緑茶は健康に良い様なことがよく言われますが、あまり信用しすぎない方がいいでしょう。基本的には、コーヒーも緑茶や紅茶もあまり飲まないようにして、普段は水だけにした方がよほど健康によいと思います。本当は、こういうカフェインを含有した飲み物は、週に1回程度にした方がいいような気がします。一番いいのは、やはり全然飲まないことですよね。