DVDプレーヤーの故障修理/DVD-RWやCD-RWで再生が遅れるのはなぜ

修理に出していたDVDプレーヤーが戻ってきました。金曜日には修理が完了していた様です。今回、メーカーのサービスセンターでは症状が出なかったため、どうしたらいいかで少しもめました。

私はレーザーが弱くなったのが原因とばかりに思っていたのですが、メーカーのサービスセンターによると、DVD-RWやCD-RWがなかなか認識されず、再生が始まるのに何分もかかるという症状にはいろいろな原因が考えられるということでした。

まず、今回の故障の場合、外気温が低いとその症状がひどくなり、暖かい時には、症状がほとんど出ないという状況があります。これは基盤の方に温度により影響を受ける部分があるそうで、温度により症状が変わるのなら、その部分の故障かもしれないと言うのです。

また、私のDV-545に入っているファームウェアは、Version 1.128(8)なのですが、これより一つ上のファームウェアでDVD-RWへの対応が改善されているのだそうです。だから、ファームウェアの更新により直るのではないかということでした。しかし、今載っているファームウェアで全く問題が起きておらず、ファームウェアのアップデートを行う気はないので、取りあえず今回はファームウェアの問題は議論の対象外です。もし問題の原因がファームウェアである可能性が大きくなったら、その時、ファームウェアのアップデートを行おうと思います。

それで、前回の修理の状況を調べることになり、調べてもらったところ、前回はトラバースASSYの交換だったことがわかりました。そして、今回の修理担当者が前回の修理担当者と話し合ったところ、「外気温により再生開始が何分も遅れるという故障は、いろいろな原因で起きる」と前回の修理担当者から言われたそうです。その話し合いの結果、前回と同じ部品を取り替えることになりました。

そう言う内容の電話をもらったのですが、それからしばらくして、また電話があり、「ファームウェアをアップデートしたい」と言ってきました。その時に、前述のDVD-RWへの対応改善の話が出たのですが、さらに「前回の修理の時もファームウェアをアップデートしたので、今回もファームウェアをアップデートするべきです」とのことでした。

「だから、ファームウェアのアップデートはいらないって・・・」と心の中で思いつつ、「現在のファームウェアで何も問題は起きていません。前回の修理の時は、再生しないディスクが数枚あって、ファームウェアのアップデートでその数枚のディスクが再生したので、ファームウェアのアップデートをやってもらいました。今回は、ファームウェアに問題はないので、ファームウェアのアップデートはしないで下さい。もしファームウェアのアップデートが必要になったら、また持ってきます」と言って、何とか難を逃れました。(^ ^;;;

それで、そのトラバースASSYの交換だけをやってもらって、DV-545が戻ってきました。このトラバースASSYは、レーザーのピックアップとディスクの駆動系などが含まれるユニットなのだそうです。要するにドライブの交換ということなのではないかと思いますが、あまり詳しくは知りません。基盤を交換すると、ファームウェアも変わってしまうのですが、ドライブだけなら、ファームウェアは変わりません。

まあ、ファームウェアはファームウェアで別の時にアップデートを行えば、問題の切り分けができて、いいと思います。しかし、特別な事情がなければ、確かに普通にはファームウェアの更新をしておくべきでしょうね。

戻ってきたDV-545を使ってみましたが、まず、ディスクの出し入れがスムーズになりました。別に故障というわけではありませんが、一年ぐらい前から、ディスクの出し入れでトレイが出たり入ったりする際、その動きが微妙にがたぴししていました。それがスムーズになり、いかにも新品という感じがします。

また、CD-RWの認識が前よりも格段に早くなりました。たぶん、半分ぐらいの時間で認識が完了するようになったと思います。やはりトラバースASSYの交換は効果があった様に思います。ちなみに、サービスセンターでのテストでは、交換前、「エラーレートの悪化が確認された」そうです。「レーザーが弱くなっていませんか?」と聞いたのですが、それについては「年相応の劣化が見られます」ということでした。

本体の内部に塵(ちり)がかなりの量入り込んでいたりすると、やはりディスクの再生がうまくいかなくなる様です。これは、前回の修理の際に、本体内部に塵(ちり)や埃(ほこり)がかなり入っているということで問題になりました。本体内部に塵(ちり)や埃(ほこり)が入っていると、再生時、ディスクが回転した際に巻き上がり、レーザー光線の妨げになるのだそうです。くれぐれも、本体内部に埃(ほこり)が入らないように、部屋の掃除を常日頃しっかりやったり、プレーヤーのトレイを出したままにしないようにしたりする必要があります。

ちなみに、レーザーが弱くなると、DVD-RWだけでなく、普通の市販のDVDソフトも再生しなくなるのだそうです。だから、DVD-RWとCD-RWだけ再生開始が遅れるということが今回の修理担当者の頭の中で引っかかった様です。DVD-RWとCD-RWは、反射光が弱いので、再生がなかなか難しいと言われています。だから、レーザーが弱ってきたのではないかと私は思ったのです。しかし、いろいろな要因が絡み合って、再生がうまく行かないということもあるというのが、今回の修理での結論です。本当に難しいですね。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました

修理に出していたDVDプレーヤーが戻ってきました。金曜日には修理が完了していた様です。今回、メーカーのサービスセンターでは症状が出なかったため、どうしたらいいかで少しもめました。

私はレーザーが弱くなったのが原因とばかりに思っていたのですが、メーカーのサービスセンターによると、DVD-RWやCD-RWがなかなか認識されず、再生が始まるのに何分もかかるという症状にはいろいろな原因が考えられるということでした。

まず、今回の故障の場合、外気温が低いとその症状がひどくなり、暖かい時には、症状がほとんど出ないという状況があります。これは基盤の方に温度により影響を受ける部分があるそうで、温度により症状が変わるのなら、その部分の故障かもしれないと言うのです。

また、私のDV-545に入っているファームウェアは、Version 1.128(8)なのですが、これより一つ上のファームウェアでDVD-RWへの対応が改善されているのだそうです。だから、ファームウェアの更新により直るのではないかということでした。しかし、今載っているファームウェアで全く問題が起きておらず、ファームウェアのアップデートを行う気はないので、取りあえず今回はファームウェアの問題は議論の対象外です。もし問題の原因がファームウェアである可能性が大きくなったら、その時、ファームウェアのアップデートを行おうと思います。

それで、前回の修理の状況を調べることになり、調べてもらったところ、前回はトラバースASSYの交換だったことがわかりました。そして、今回の修理担当者が前回の修理担当者と話し合ったところ、「外気温により再生開始が何分も遅れるという故障は、いろいろな原因で起きる」と前回の修理担当者から言われたそうです。その話し合いの結果、前回と同じ部品を取り替えることになりました。

そう言う内容の電話をもらったのですが、それからしばらくして、また電話があり、「ファームウェアをアップデートしたい」と言ってきました。その時に、前述のDVD-RWへの対応改善の話が出たのですが、さらに「前回の修理の時もファームウェアをアップデートしたので、今回もファームウェアをアップデートするべきです」とのことでした。

「だから、ファームウェアのアップデートはいらないって・・・」と心の中で思いつつ、「現在のファームウェアで何も問題は起きていません。前回の修理の時は、再生しないディスクが数枚あって、ファームウェアのアップデートでその数枚のディスクが再生したので、ファームウェアのアップデートをやってもらいました。今回は、ファームウェアに問題はないので、ファームウェアのアップデートはしないで下さい。もしファームウェアのアップデートが必要になったら、また持ってきます」と言って、何とか難を逃れました。(^ ^;;;

それで、そのトラバースASSYの交換だけをやってもらって、DV-545が戻ってきました。このトラバースASSYは、レーザーのピックアップとディスクの駆動系などが含まれるユニットなのだそうです。要するにドライブの交換ということなのではないかと思いますが、あまり詳しくは知りません。基盤を交換すると、ファームウェアも変わってしまうのですが、ドライブだけなら、ファームウェアは変わりません。

まあ、ファームウェアはファームウェアで別の時にアップデートを行えば、問題の切り分けができて、いいと思います。しかし、特別な事情がなければ、確かに普通にはファームウェアの更新をしておくべきでしょうね。

戻ってきたDV-545を使ってみましたが、まず、ディスクの出し入れがスムーズになりました。別に故障というわけではありませんが、一年ぐらい前から、ディスクの出し入れでトレイが出たり入ったりする際、その動きが微妙にがたぴししていました。それがスムーズになり、いかにも新品という感じがします。

また、CD-RWの認識が前よりも格段に早くなりました。たぶん、半分ぐらいの時間で認識が完了するようになったと思います。やはりトラバースASSYの交換は効果があった様に思います。ちなみに、サービスセンターでのテストでは、交換前、「エラーレートの悪化が確認された」そうです。「レーザーが弱くなっていませんか?」と聞いたのですが、それについては「年相応の劣化が見られます」ということでした。

本体の内部に塵(ちり)がかなりの量入り込んでいたりすると、やはりディスクの再生がうまくいかなくなる様です。これは、前回の修理の際に、本体内部に塵(ちり)や埃(ほこり)がかなり入っているということで問題になりました。本体内部に塵(ちり)や埃(ほこり)が入っていると、再生時、ディスクが回転した際に巻き上がり、レーザー光線の妨げになるのだそうです。くれぐれも、本体内部に埃(ほこり)が入らないように、部屋の掃除を常日頃しっかりやったり、プレーヤーのトレイを出したままにしないようにしたりする必要があります。

ちなみに、レーザーが弱くなると、DVD-RWだけでなく、普通の市販のDVDソフトも再生しなくなるのだそうです。だから、DVD-RWとCD-RWだけ再生開始が遅れるということが今回の修理担当者の頭の中で引っかかった様です。DVD-RWとCD-RWは、反射光が弱いので、再生がなかなか難しいと言われています。だから、レーザーが弱ってきたのではないかと私は思ったのです。しかし、いろいろな要因が絡み合って、再生がうまく行かないということもあるというのが、今回の修理での結論です。本当に難しいですね。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました

DVDプレーヤーの画質の違い

DVDプレーヤーによって、画質はかなり違いますね。DV-545が修理中なので、DV-535を出してきて使っていますが、すぐに画質が違うことに気がつきました。見れば見るほど、つくづく画質が違うと思います。

しかし、これを普通の人が見ると、全く違いに気がつかないので不思議です。DVDプレーヤーによって画質は全然違います。世間の人にも知ってもらいたいところです。

ただ、DV-545とDV-535でどちらが画質がよいかというと微妙なところです。私的にはDV-535の深みのある色はなかなかよいと思うのですが、どうでしょうか?何か、DV-545は明るすぎて、深みに欠けるような気がします。DV-545が戻ってきたら、はっきりしますね。たぶん週末には修理が完了するような気がします。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延

パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延

パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました。市販のDVDソフトは問題なく再生しますが、電源を入れた後、DVD-RWやCD-RWの再生がなかなか始まらない様になりました。暖かいときは2分~5分ぐらいで再生が始まりますが、寒いときは30分ぐらい待たないと再生しないという状態です。今のところ、非常に困っているという程の状態ではありませんが、ちょっと不便ですし、補修用の部品がなくなったらお手上げなので、早速修理に出すことにしました。

機種はパイオニアDV-545です。前も別の機種で同じ不具合があったので、不具合の原因はわかっています。要するに、よく使ったので、レーザーが弱くなっただけです。従って、修理はピックアップ・ユニットの交換ということになると思います。ピックアップは消耗品と言われているので、仕方がありません。毎日何時間も使っているので、そろそろ寿命が来て当然です。

DV-545は、なかなか優秀なDVDプレーヤーで、この価格帯の機種としては一番気に入っている機種です。到底、買い換えるなどと言う気は起きません。詳しい人によると、DV-545は、初期不良が大量に出るということがなかった機種なのだそうです。はずれを引く可能性がほとんどなかったという点でも優秀なDVDプレーヤーと言えるでしょう。

修理は、メーカーのサービスセンターに直接持ち込みました。今回が2回目なので、迷わずメーカーのサービスセンターへ持って行きました。サービスセンターに直接持って行くと、明らかに修理が早く終わるし、販売店経由より料金も安くなる様です。

サービスセンターへ直接持ち込むのは、距離があるのが難点ですが、実際に車で行ってみると、片道40分ほどでした。ただ、今回は道を間違えて、信号を二つか三つぐらい先まで行ってしまったので、50分ぐらいかかってしまいました。営業終了時間ぎりぎりに間に合うように出たので、ちょっとあせりましたが、何とか終了7分前ぐらいに到着できました。

たぶん1週間ぐらいで、修理が完了すると思います。DV-545の修理中は、DV-535を使おうと思います。この機種は、黒くて高さが少しある機械です。この機種も悪くはないのですが、絵が暗めに出ます。DV-545は、明るめの絵で、コントラストが高いように思います。それよりも、操作性がよいところがDV-545の良さです。リモコンはDV-535と同じものですが、このリモコンの使い良さは、史上最高です。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました

問題があるのは、ソニーのDVDドライブか、それともTDKのDVD-RWか

TDKのDVD-RWが使っていると、消去や書き込みができなくなる問題が多発しています。TDKに問い合わせると、ソニー製やNEC製のDVDドライブなら、消去や書き込みが可能なので、不良品ではないと言います。

そこで、先日、ソニー製の外付けDVDドライブを買いました。やってみると、確かに、消去不可能に陥っていたTDKのDVD-RWが消去でき、書き込みできました。ここまでは前回書きました。

その後、さらに使っていると、一旦、ソニーのドライブでディスクが消去できたものの、二度とパイオニアのドライブでは消去できないことがわかりました。いちいち、ソニーのDVDドライブで消す羽目になりそうです。

しかし、それだけでなく、中にはソニーのDVDドライブで消去したはずなのに、パイオニアのドライブでは書き込み不可能で、トレーが出て、排出されてしまうディスクが出てきました。ただ、全部ではなく、今のところ一枚だけです。このディスクを別の書き込みソフトで書き込むと、うまく書き込めました。何か怪しいですね。

また、これも一枚だけですが、ソニー製のDVDドライブで消去した後、パイオニアのドライブで書き込みを行い、その後、別のファイルを書き込もうとして、パイオニアのドライブに入れると、中身が入っているのに、中身が空で消去の必要がない様な画面になりました。「中身が入っているはずなのに、空であるとはおかしい」と思い、ソニー製のDVDドライブで確認すると、中身が入っていました。パソコンを再起動して、パイオニア製のドライブに入れ直すと、中身が入っていると認識されましたが、何かおかしいですね。

TDKのDVD-RWがおかしいのは、たぶん間違いがないと私は思っているのですが、ソニー製のDVDドライブも相当におかしいのではないかと疑っています。これから、ソニー製のドライブを買う人は、注意した方がいいでしょう。

関連ページ:
外付けDVDドライブを買いました (星のきらめく夜に)

外付けDVDドライブを買いました

外付けDVDドライブを購入しました。昨日イートレンドというオンラインの通販店で注文したのですが、今日届きました。早いですね。I-O DATADVR-UN20GLと言う機種で、7,712円で買えました。送料は無料です。

何でこれを買ったかというと、DVD-RWを消去するためです。実は、パイオニア松下の内蔵DVDドライブを使っているのですが、TDK4倍速の超硬のDVD-RWに書き込みを行っていると、すぐにATAPIエラーで消去不能になるのです。消去不能が多いのですが、書き込んでいる最中に書き込み不能になる場合もあります。これで死んだディスクがかなりの数になって困っていたのですが、「ソニー製やNEC製のドライブなら消去できる」とTDKが言うので、ソニーNECオプティアーク(現、ソニーオプティアーク)製ドライブが付いているというこのI-O DATAのDVDドライブを買ってみました。

早速接続して実験しましたが、確かに消去できずに死んでいたディスクがすぐに消去できました。これでディスクを無駄にせずに済みます。

何も知らなければ、パイオニアと松下のドライブを捨てて、ソニーNECオプティアーク製のドライブに切り替えるところですが、実はそうもいきません。と言うのも、ソニーNECオプティアーク製のDVDドライブは、ディスクに傷がつくのがわかっているからです。私はこれで何十枚、何百枚という貴重な市販のDVDビデオのディスク(要するに、映画やアニメのディスク)を失ってしまいました。損害額は何百万円にもなるのではないかと思います。

そう言うわけで、ソニーNECオプティアーク製のDVDドライブは、ディスクがATAPIエラーで死んだときの消去用だけに使う予定です。読み込みや書き込みは、従来通り、基本的にパイオニア製のDVDドライブや松下製のDVDドライブで行うつもりです。ちなみに、パイオニア製のドライブはデスクトップパソコン用のドライブで、松下製のドライブはIBMのノートパソコン用です。

それにしても、TDKのDVD-RWはゴミですね。

新型インフルエンザによる死亡者数増大

春から取りざたされている新型インフルエンザですが、死亡する人が増えてきましたね。幼児などの年少者が死亡するのはわかりますが、沖縄では24歳の女性が死亡したらしいです。

新型インフルエンザ:24歳女性が死亡 基礎疾患なし、初の20代--沖縄

 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した南風原(はえばる)町の女性(24)が入院先の病院で死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなかった。厚生労働省によると、国内での新型インフルエンザ感染者の死亡は疑い例も含めて14人となった。20代以下の死者は初めて。基礎疾患のない感染者の死亡は、今月9日に亡くなった大阪府の男性(45)に次いで2例目という。

 沖縄県によると、女性は8月26日に発熱して病院で受診。A型インフルエンザ感染が判明し、吸入式治療薬リレンザを投与されたが、熱が下がらず31日に再受診。新型インフルエンザ感染が分かり、ウイルス性肺炎と診断されて別の病院に入院した。9月9日にくも膜下出血を併発し、15日午前11時過ぎに死亡した。

 女性は3人家族で、母親と弟も新型インフルエンザに感染していたが、既に治ったという。
【三森輝久】

引用元: 毎日jp

「20代以下」ではなく、「20代以上」が正しい日本語ですね。新聞記者を初めとする最近のマスコミの記者の国語力低下はずいぶんひどいものですね。最近の記者はろくに文章が書けないとは聞いていましたが、少なくとも、これではお世辞にも見本にはなりません。

それはともかく、これは今から一か月前の話で、今では死者は26人に増えています。

新型インフルエンザ:東京・愛知・兵庫で死者 3人死亡、全国累計26人に

 東京都は14日、都内在住で幼稚園に通う男児(4)が新型インフルエンザに感染し、急性脳炎を発症して13日に死亡したと発表した。新型インフルエンザによる死亡者で最年少。愛知県清須市の男子高校生(16)と兵庫県西宮市の小学2年の女児(8)も死亡し、死亡者は26人となった。

 都によると、男児は4日夜に39・9度の発熱があり、5日に近くの診療所で受診しA型インフルエンザ陽性と判明したため、タミフルを服用した。しかし帰宅途中にけいれんが起き、そのまま都内の医療機関に入院した。6日に意識を失い、一時心肺停止になった。新型インフルエンザによる急性脳炎と診断され、その後容体が改善しなかった。男児には基礎疾患はなかったという。

 一方、名古屋市によると、清須市の男子高校生は11日に発熱した。12日夜、意識障害などがみられたため救急搬送され、インフルエンザ脳症と診断された。生徒は13日未明に呼吸が停止し、14日朝、死亡した。その後の検査で新型インフルエンザ感染が確認された。生徒には気管支ぜんそくの基礎疾患があった。

 西宮市の女児は11日に発熱し、14日昼、新型インフルエンザを原因とする多臓器不全で死亡した。基礎疾患はなかった。【江畑佳明、月足寛樹、津久井達】

引用元: 毎日jp

これらの記事を見ると、何か重大な疾患にすでに罹患していなくても、死亡する可能性があるということで、たかがインフルエンザといえども、馬鹿にできないことがわかります。また、高い抵抗力を持つ大人でも死亡例があるので、余計警戒が必要だと思います。

しかし、さらに調べてみると、インフルエンザで死亡する人は、この新型インフルエンザでなくても、毎年たくさんいるらしいと言うことです。

influenza death toll 1950-2008

引用元: インフルエンザによる死亡者の推移 (社会実情データ図録)

インフルエンザで死亡する場合、大抵は、インフルエンザから何か別の病気にかかり、それが原因で死亡しています。上記のグラフでピンク色の「超過死亡」というのは、そう言う場合の死者数です。インフルエンザで直接死亡する人は、大して多くはありません。まあ、それでも普通の人の予想を上回る人数ではあります。しかし、インフルエンザに端を発して、別の病気で死ぬ人は、毎年7000人~15000人ぐらいいることになりますね。これは恐らく日本だけの数字なので、世界全体ではその数十倍以上になるでしょう。と言うことは、インフルエンザやそれに端を発する病気で死亡する人は、世界全体で30万人~100万人ぐらいいることになります。と言うことは、毎年、かなり猛威をふるっているということになりますね。

実は、私も現在風邪を引いています。インフルエンザではなく、死んだりしないといいのですが・・・。死んだら、次回の記事はなしと言うことになりますね。いつまでたっても更新されなかったら、冥福を祈ってやってください。じゃあね。

アニメの危機/衆議院選挙では社民党か共産党に投票しよう

児童ポルノに対する規制強化のため、アニメ・漫画・ゲームといった日本の代表的な文化が危機にさらされているのはよく知られた事実です。明日の衆議院選挙で児童ポルノに対する規制強化に反対してくれる政党に票を入れたいのですが、どういう政党が反対してくれそうか調べてみました。

検索したところ、質問状を送って、返信された回答を掲載しているサイトを見つけました。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律改正に関する公開質問状

上記のページは、児童ポルノ法の改正案が出される前のものです。児童ポルノ法の改正案が提出された後、非難の嵐が吹き荒れましたから、その後、考えが変わった政党があるかもしれません。そこで、もっと最近の見解を知る必要があります。探してみたところ、各党の最も最近の政策は下記のブログにありました。

各党政策

これを見ると、どうも児童ポルノの規制強化に反対してくれることが確実なのは、社民党と共産党だけの様です。こうなると社民党か共産党に投票するしかありませんね。調べてみたところ、自分の選挙区では社民党の候補がいないので、共産党に投票することになります。

比例区をどうするかですが、比例区も共産党にしてもよいと思いましたが、社民党にもがんばってもらいたいので、比例区は社民党にしようと思います。児童ポルノ法の影響で、選挙の結果がどう動くか見物ですね。

選挙の時に考える各政党の政策

特に支持する政党がない人の場合、選挙が来ると、各政党の政策というのを考えますよね。私も特に支持する政党がないので、選挙が来ると、投票する先を決めるために、各政党の政策を考えたりしていました。

これはどれぐらい意味があるのか。こういうことは誰もあまり考えませんが、最近、いろいろな政治家と接触するようになって、次第にわかってきました。

各党の政策というのは、考えてもあまり意味がありません。なぜかと言うと、政党の政策というのは、その政党に所属する人が決めるので、人が変われば、政策も変わるからです。さらにもっと言うと、その政党に所属する政治家を支援する人によっても、政策が変わります。

政治家の政策というのは、その政治家と接触のある人の意見によりかなり左右されます。偉大な政治家なら、いろいろなことに詳しく、確固とした独自の見解を持っているかもしれませんが、一般の政治家は、かなり無知で、それ故、確固とした見解は持っていません。つまり、何か見解を持っていたとしても、根拠があまりありません。

「こんな話を聞いたことがある。だから、こうするのが正しい。」とか、「テレビでこう言っていた。だから、こうするのが正しい。」とか、こういうレベルで自分の見解を形成しているのです。つまり、自分自身で深く調べた結果に基づく見解ではなく、上っ面だけの見聞による憶測に基づいた判断しかしていません。

たとえば、「風鈴を聞くと頭がよくなる」というテレビ番組を見て、「そうだ。学校に風鈴を置こう。」と考えて、議会に「学校に風鈴を設置させる」という「風鈴設置法案」を提出するようなものです(笑)。もしこのが、教育心理学者などの教育関係の学者なら、「はあ?」と疑問に思うでしょうが、そのテレビ番組の内容を他のたくさんある研究と比較して、信憑性を考えることができない普通の人の場合、こんなことをやってしまいかねません。しかし、政治家のほとんどは、この普通の人のレベルでしかありません。

だから、政治家周辺の人が政治家に言う言葉に踊らされることになります。政治家の周辺にいて、政治家に意見を言う人には、大抵は何らかの魂胆がありますので、非常に危険です。自分の私的な利益のためにやっていたら、最悪です。善意の人ならいいのですが、それは恐らく少数派です。

だいたい、ほとんどの人は、あくせく働かないと生きていけませんから、何の利益にもならない善意の活動というのは、あまりできません。政治家に物を言うのは、時間と労力が大変かかります。だから、これがお金にならないのなら、やる人はほとんどいません。たいていの人は、政治家に意見するのが、自分の利益になるからやっていると断言してもいいです。つまり、ビジネスとして成立しているのです。

政治家の後ろにいるのが、業界団体や企業だったりすれば、馬鹿でも、利益のためにやっていることがわかります。それ以外でも、宗教団体なども政治家の後ろにいますが、それも利益のためです。宗教というのは意外とビジネスなのです。歴史を見ても明らかです。しかし、残念ながら、そういう観点を持っている人は少ないです。

政治家の周辺にたむろしている人たちの中で、本当に善意で活動している無私な人はいったいどれだけいるのでしょうか?ほとんどいないのではないかという気がします。政治家にいちいち善意のアドバイスをしていると、生活できなくなりますからね。

そういう政治家のあやふやな意見を反映したのが各党の政策であり、元になった政治家の意見なんていつ変わるかわかったものではありません。しかも、その上、常に政治家の出入りもあります。そう考えると、政党の政策なんて考えても、ほとんど意味がないことがわかります。

もし考えるのなら、立候補した政治家の政策です。こちらの方が政党の政策よりも、安定していると言えます。しかし、それも前述のように、いつ変わるかわかりません。しかし、性格や信条のようなものは滅多に変わらないので、その人と直に接触して、その人を直接知るのが一番よいと思います。ただ、これは私たち有権者にとっても、政治家にとっても、大変難しいことです。

せめて政治家の人にはブログで自分の意見や考え方を表明してほしいものです。そうすれば、私たちも判断しやすいです。

カフェイン中毒/中毒症状から抜け出るまでの期間

世間では、酒井法子の覚醒剤所持・使用容疑が話題になっているようですが、私はどうもカフェイン中毒みたいです。カフェインも覚醒剤の一種ですが、合法なのは朗報でした。

コーヒーとかお茶、コーラといったカフェインを含有する飲料を毎日1リットルから2リットルぐらいのむので、かなりの量のカフェインの摂取量になります。幸いにも、カフェインを摂取するのは仕事中だけで、休日など、仕事のないときは、普通、水しか飲みませんので、あまり問題はありません。

しかし、酒井法子の件で、気になって調べてみると、カフェイン中毒の人は、カフェインの摂取をやめると、頭痛がしたり、気分が悪くなるそうです。実際、お盆休みに入って、三日間は頭痛がして、気分も悪く、非常に不快でした。もう、あたまがじ~んとか、ずき~んと痛いんです。すっかり参ってしまいました。

こういうことは以前もあったのですが、これが実はカフェイン中毒だったのです。これからは気をつけないといけません。別にこれと言って、身体的な害はないのですが、飲み過ぎて、後で頭が痛いというのは、頭脳活動とかの能率が下がりますからね。それにせっかくの休日が台無しです。

カフェイン中毒から抜けるには、一般に最大で数日ぐらいかかる様です。私の場合、約三日ですから、約72時間の様です。これはカフェインの分解能力に個人差があるため、一概には言えない様です。また、やめる前にどれぐらいカフェインを取っていたかも関係するようです。たくさん取っていれば、抜けるまでに時間がかかり、少量ならば、早く中毒症状から抜ける様です。

それにしても、カフェインというと、一般にコーヒーを思い浮かべますが、緑茶にもしっかりカフェインが含まれています。実際、緑茶を飲むと、かなり精神的に効きますね。コーヒー以上だと思います。また、たくさん緑茶を飲むと、夜、眠れなくなります。

緑茶は健康に良い様なことがよく言われますが、あまり信用しすぎない方がいいでしょう。基本的には、コーヒーも緑茶や紅茶もあまり飲まないようにして、普段は水だけにした方がよほど健康によいと思います。本当は、こういうカフェインを含有した飲み物は、週に1回程度にした方がいいような気がします。一番いいのは、やはり全然飲まないことですよね。

京進スクール・ワンの実績と教育効果

今日、たまたま「京進スクール・ワン」という聞いたことがあるような、ないような塾の近くにたまたま行ったので、のぞいてみました。私は暇なときは、時間を惜しんで、何でも見学させてもらうたちなので・・・。京進スクール・ワンというのは、個別指導の塾で、本体は「京進」というところの様です。

それで、その京進スクール・ワンですが、中はきれいな勉強机が並んでいました。一人一つなのでしょう。机上に板が縦に両脇についているちょっと高そうな机です。たぶん、本を立てかけるのにでも使うのでしょう。あるいは、あまり周囲から見えやすくしないためのものかもしれません。

入り口の前には、どこの大学や高校に合格したとか言う張り紙がぺたぺた貼ってありました。いかにも進学塾ですね。「実績が高い」という文句の書かれた紙も貼ってありました。しかし、個人的にはあまり大した実績には見えません。どれぐらいの学力の人がどれぐらいの期間にどれぐらいまで学力を伸ばして、どういう学校に合格したのかはっきりさせてくれないとだめですね。この塾もやはり他の塾と同じく、結果だけ宣伝していますから、話になりません。

まあ、逆に結果しか宣伝しないと言うことは、効果はないと見た方が安全だと言うことでしょう。世の中、普通、そんなものですよね。効果を示すなら、効果を示す方法というものがありますが、あえて、わざとそう言う方法を取らないのだから、確実に効果がないとまで断言していいかと思います。

京進スクール・ワンと言う個別指導の塾が、本当に効果がないのかどうかは、断言はできませんが、そう思うのが自然だと思います。効果があるかないかを断言したい場合は、京進スクール・ワンに効果をはっきり示す資料を見せてくれと頼めばいいでしょう。そう言う資料はないとか、わけのわからないことを言ったら、断言するのをあきらめ、さじを投げるか、さいころを投げればいいことですね。さいころを投げて、裏目にでたら、単に自分の子どもの未来と自分の大金を失うだけのことです。

つまり、はっきりと効果を知りたければ、確実な証明となるデータを京進スクール・ワンに求めよと言うことです。大して難しいことではありません。