広告のリンクのクリックとブラウザーの設定の関係

先日、広告のリンクをクリックしたら、ブラウザーの設定が変更されたという話を書きましたが、これはどうも誤報でした。ただブラウザーの設定は変更されていませんが、ひょっとしたら、やはり検索ボックスに変なキーワードが出現したのは、広告のリンクをクリックしたのが原因かもしれません。

いずれにしても、怪しい広告のリンクはクリックすべきではないですね。

私が普段怪しいと思うリンクというのは、

1.「閉じる」というボタンを装った広告リンク

2.ポップアップが出て表示される広告リンク

3.リンクであることがはっきりしないリンク

4.画像をクリックすると飛ぶ仕掛けのリンク

5.広告代理店名の書かれていない広告リンク

・・・などです。

変なリンクをクリックすると、

1.コンピューター・ウィルスに感染する。

2.スパイウェアに感染する。

3.ろくでもない商品やサービスを購入させられる。

4.詐欺に遭う。

5.大量のスパムメールが届く。

・・・などの被害に遭う可能性があります。

みなさんも、くれぐれもお気をつけ下さい。

パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しました

今日パイオニアのDVDプレーヤーを修理に出しに行きました。DVD-RWがたまに認識不能になるという症状です。調べると、ピックアップは消耗品なので、使っていると、いつかは壊れるようですね。ずいぶん長い間酷使したプレーヤーなので、もう壊れて当然でしょう。修理に出したのは、DV-533と言う海外モデルですが、果たして直るものやら。

近所の海外家電店で8年前に買ったものですが、最初このお店に修理の相談をしたら、直らなくても5000円頂きますと言うことでした。そこで、パイオニアに相談したら、直るかどうかわからないが、直らなくても検査代として1050円をもらうということでした。5000円か1050円か考えたあげく、1050円の方にしました(笑)。

問題は、これを近所の大型家電店に持って行くか、パイオニアに直接持って行くかでしたが、ピックアップ交換の場合、その家電店では約1万円かかり、パイオニアのサービス・センター直接の場合は、8830円かかるということでした。家電店経由の場合は、それに家電店の手数料が加算されるということです。そこでまた考えたのですが、パイオニアに直接持って行くことにしました。

車で行ったら、近くのパイオニアのサービス・センターに40分で着きました。遠いですが、どうせ家電店に行っても、往復+相談で40分~50分はかかりますから、そうむだな時間とも思えません。

直接パイオニアに行って良かったのは、ファームウェアのアップデートを無料でやってもらえることでした。Region 1のプレーヤーなので、どうかと思ったのですが、係の人が問い合わせた結果、できると言うことでした。そこで、持っている他のパイオニア製DVDプレーヤーも一緒にファームウェアをアップデートしてもらうことにしました。まれに再生に不具合があって困っていたので、これで直れば、一石二鳥です。

関連ページ:
パイオニアのDVDプレーヤーを修理に/DVD-RWの再生開始遅延

広告のリンクをクリックしたらブラウザーの設定が変更された

Ping送信をやってくれるサイトに行って、Ping送信を実行したところ、広告のリンクを表示するページが表示されたので、感謝の気持ちでクリックしてあげたら、何やら表示に時間がかかって怪しいので、ブラウザーを閉じようと試みました。しかし、「応答なし」の表示だったので、強制終了を行いました。

その後、ブラウザーを起動してみると、Googleの検索ボックスに大量の検索キーワードとして、サイト名らしきものが入っていました。それも全部、「site ~」という形式でした。ブラウザーの検索ボックスの中身は、ブラウザーを閉じると全部削除されるように設定されているので、そんな馬鹿なと思いながら、検索の履歴を削除しました。そして、検索ボックスのオプションを調べると、設定が変わっていて、検索の履歴がブラウザー終了後も残るようになっていました。そんな馬鹿な・・・。

やはり、よく知っているサイトでない限り、広告のリンクなんかクリックするものではない様ですね。わかってはいるのですが、ついやってしまうと、ろくなことはありません。知らない人のサイトなんて信用してはいけません。町では知らない人について行ってはいけません。インターネットでは知らない人のサイトにあるリンクをクリックしてはいけません。

【注意】 ブラウザーの設定が変更されたという件は、結局、誤報でした。詳細は、下の参考ページをお読み下さい。

参考ページ: 広告のリンクのクリックとブラウザーの設定の関係

トレンドマイクロのオンライン・ウィルス・スキャンでブラウザーが起動不能に

ウイルスバスターという定番のウィルス対策ソフトで有名なトレンドマイクロでオンラインのウィルス・スキャンを実行してみました。

やってみると、ウィルスが二つも発見され、あわてました。しかし、よく見ると、二つとも自分で保存したプログラムで、ウィルスではありません。ウィルス情報を調べると、2008年8月に発見されたものであることがわかりました。しかも、「被害はない」と記載されています。当たり前ですが・・・。

自分で保存した被害のない「ウィルス」を削除するとは、困りものですが、バックアップがあったし、ダウンロード先から再度ダウンロードできたので、この問題は何とかなりました。

しかし、問題はこの後です。ブラウザーを起動しようとしたら、起動しない。何度やってもエラーが出て、起動の途中で止まってしまいます。ブラウザーは、使いやすさで定評のあるNetscape 7.0を使用しているのですが、どうして起動しなくなってしまったのでしょうか?

このトレンドマイクロ(ウイルスバスター)のオンライン・ウイルス・スキャンを実行する際に、Javaの最新版をインストールしたのですが、これが原因かもしれません。早速、システムのバックアップから復元しました。一部のメールは失われてしまいましたが、まあ、死ぬほどの被害にはならず、不幸中の幸いでした。

やはり、ウイルス・スキャンを実行する場合や、新しいソフトをインストールしたり、バージョンアップする場合は、あらかじめシステムやデーターをバックアップしておくべきですね。AdobeのFlash Playerをバージョンアップしたら、ブラウザーが動作しなくなったと言う話も聞きます。ともかく、Javaとトレンドマイクロ(ウイルスバスター)のオンライン・ウイルス・スキャンにはくれぐれもご注意下さい。相手をあまり信用しすぎないことが大切ですね。

高校の英語の授業が英語で行われるようになる!?

文部科学省の新しい指導要領に「高校の英語の授業は英語で行え」ということが明記されることになったらしいです。ほとんどの英語の先生は、「できるわけがない」などと言って、逃げ腰の様ですね。しかし、英語の授業は英語で行うのが筋ではないかと思います。

参考:
英語教育:英語の授業を英語で行う/新学習指導要領案 (ソフィア外語学院)

名古屋市美術館のTOTEバッグのその後

かなり時間が空いてしまいました。

名古屋市美術館で買ってきて、返送した例のTOTEバッグですが、今日か明日にでも良品を送ると言われていたのにちっとも届かないので、その週の金曜日に電話してみたところ、明日かあさってに返送という返事をもらいました。結局、日曜日に到着しました。

しかし、汚れた場合にどうしたらいいのか不明なので、使えないですよね。困ったものです。どうしたらいいのか、また電話で聞いてみようかと思います。

洗濯後に茶色っぽくなったTOTEバッグを名古屋市美術館に返送

例の洗濯したら茶色っぽくなったというTOTEバッグですが、名古屋市美術館のお店に話したところ、問題が発生したのは始めてだということでした。

分かったのは、素材は普通のコットン、つまり木綿であり、普通に洗濯して構わず、日焼けもしないそうです。図柄のプリントも耐水性のものであり、洗っても落ちないということでした。メーカーは、国立美術館など、美術館で売られている商品をいろいろ作っているメーカーだそうです。

結局、問題のTOTEバッグは新品と取り替えたいということでした。また、茶色くなったものはできれば送ってほしいと言うことだったので、早速送りました。たぶん、明日着くでしょう。代品は、今日か明日には発送すると言っていました。

今度洗うときは、注意しないといけませんが、問題が起きない洗い方が分からないとどうしようもありません。

後で、その辺が判明したら、教えてもらうようにしたいと思います。

洗濯したら茶色に・・・/布製手提げ袋の変色

この間、名古屋市美術館に行ったときに買ったTOTEバッグですが、ちょっと汚れたので、昨夜、簡単に洗って、そのまま脱水せずに外に干しておきました。

今日の午後2時頃、乾いていたので、室内に入れると、部分的に茶色っぽくなっています。

洗剤のメーカーに聞いたところ、繊維の種類が分からないので、はっきりしたことは言えないものの、日焼けではないかということでした。

しかし、曇り空だったし、日焼けするほどのものとは思えません。どういうことなのでしょう?買ったところに聞くしかありませんね。

そもそも、その手提げ袋ですが、繊維の種類も、洗濯の仕方も表示されていないというのは、ちょっと変な感じがしますが・・・。それにしても、まだ2回しか使っていないので、汚れたり、傷んだりするには早すぎますね。

教員の給与は低すぎる

教員の給与は高すぎるという議論もある様ですが、教員の質があまりにも低すぎます。これではまともな教育は期待できません。もし教育の水準をまともなレベルまで持って行くのなら、どうしてももっと質の高い教員を集めないといけません。そなると、今の給与水準では到底無理です。たとえ給与は安くても、どうしても教員がやりたいという人しか教員にならないような状況です。トップレベルの人材を集めるなら、トップレベルの給与水準でなければ、到底無理です。今の教員の給与を上げる必要はありませんが、これから採用する教員は我が国のトップレベルの給与を保障すべきです。

2006年の統計によると、大企業の30代後半の大卒者の給与が平均762万円ですが、公務員だと550万円です。教員はそれより若干高いと思いますが、200万円ぐらいの差があっては、話になりません。そもそも、平均的な大卒者に教師が務まるわけがありませんから、762万円でも安すぎます。

もし優秀な人に教員になってもらうなら、最低でも年収1000万円、できれば年収1500万円以上を保障すべきです。医師の平均的な給与よりも低くてはだめです。

国家財政を考えると、無理な話かもしれませんが、現実を知ってもらうのも大切だと思います。どんなレベルの人に先生になってほしいのでしょうか?高卒よりちょっとましな人ですか?平均的な大卒者ですか?それとも、優秀な大卒者ですか?平均的な大卒者やそれ以下の人では教師は務まりません。そう言うレベルの人が教師をやっているために教育が破綻しているのだと言うことに気がつかないとだめです。

Googleに登録されました/Google登録保留期間は9日間か?

このブログは今年の10月28日に始めたのですが、今朝、7時30分頃確認したところ、やっとGoogleに登録されていました。昨日の夜はまだ登録されていませんでした。Googleの表示する情報を信用すると、今日の早朝4時から4時30分頃登録されたことになります。

しかし、前日の夕方にアクセス解析を入れていたていたのですが、アクセス解析にはGoogleのクローラーが来た様子はありません。アクセス解析のサーバーが停止していたのか、アクセス解析をすり抜けたのか、よくわかりませんが、変な話です。

たぶん、最初の記事をアップロードしたときからずっと毎日のようにGoogleは来ていたと思いますが、きっと登録を保留していただけなのでしょう。経験的に言って、新しいサイトを立ち上げた場合にGoogleが登録を保留する平均的な期間と大体一致する様に思えます。Yahoo!はまだ登録していない様なので、Googleは早いですね。そもそも、Yahoo!はあまり登録しないようなので、掲載基準が相当に高いのでしょう。

ウェブサイトのアクセスは検索サイト次第とは言えますが、秋の空みたいな検索エンジンのことを考えても、あまり意味があるとも思えないので、これからは検索サイトは基本的に無視してしまおうと思います。検索エンジンに振り回されるのは精神の衛生によくありません。